テーマ:藩国日誌

日誌34「今日も恙無く」/竹戸 初

 どん、と堅い物体にぶつかった様な衝撃で竹戸 初は覚醒した。 「……ぁぁ~っ。ふんふむふむ」  まどろんでいる半覚半醒の欠伸じみた声が、現状を理解した者の頷きに変わる。  もっとも、この場に彼を除いて、同意を得るべき者は不在なのだが。  先程の衝撃は、船端に波頭が衝突したものだ。 「たけきの川の河口沖ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌33「料理祭 ~化野の場合~」 /化野‘IMAP’忌々

―化野の私室。 最近は部屋に引きこもり 『役に立つかどうかなど知らん、俺が愉快ならばそれで良いのだ』と云わんばかりに 本当に役に立たないものばかりを量産した結果、部屋はガラクタ置き場と化していた。 最近見てないな、と思われていても日々の態度は悪くないはずなので怪しまれてることは無いはずだ。 本当にそうかどうかは定かでないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌32 とある子孫の野望 / 慈詠

/*/ どの家もそうだろうと思うが、昔から我が家はあった。 そして、かなり前からあって復元された記録があった。 残念な事に、良く戦争に参加していた。 初めは参加させられていたのだが、途中から参加せざるを得ない状態になっていた。 どこぞの偉い人に気に入られていた様だ。 時は流れて、我が家は分家。 本家の嫡出子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌30「従軍日誌 ~抜粋~」/竹戸 初

 ギリっと軋む鎖の音に、昏倒していた竹戸 初は覚醒する。但し意識こそ回復したものの、思考能力までは追いついていない。 (ここは何処だ?)  幾つかの情景が、断片的に脳裏に瞬く。  白夜のダークサマーレムーリア。平原一面を埋め尽くした軍勢と軍馬の醸しだす、皮革と汗の臭い。各藩国や騎士団の旌旗。成功した奇襲。驚愕した敵兵の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌29「ヘタレ指揮官の手記」/ていわい

/************/ /*ある日の手記(抜粋)*/ /************/ 今回のレムーリア遠征戦は最終局面を迎えている。 近いうちに味方司令官と敵司令官の一騎打ちが始まるだろう。 予断を許さないとはいえ、現在たけきの部隊は待機状態。 あまり時間はないがここで少し、この戦いを振り返っておこうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌28「あけました」/竹上木乃

おめでとうございます。 昨年中は大変お世話になりました。クーリンガン被害やクローン騒動、竜による被災があったにもかかわらず、ありがたくも国民の幸福度で2位をいただきまして、 本年はより一層人様に迷惑をかけない範囲で楽しく暮らしていけるよう努力する所存にございますので、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。 /*/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌27「近況報告?愚痴とも言う」

久々に藩国日誌が復活とからしくて、今回は指名制だそうな。 でいだらさんからご指名されたので久々に筆をとってみたり。 さてさて、実際ここんとこのたけきのに日誌を書くネタは事欠かない。いいこと悪いこと含めてだけど。 で、ホントだったら、復興に向けて盛大にお祭りをやろーとか、 羅幻藩国でのひさっびさ(いやマジで)の快勝のことだとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌26「たけきの炎上」/でいだらのっぽ

数日前 …金「お祭りをやりましょう。」 この一言が、たけきの藩国を揺るがした。 「さすが金さん。」 「和むわあ。」 「祭りですね。」 こと祭りに関して言えば、たけきの国民(一部)は行動が早かった。 でいだらのっぽは当然その一人だ。 国内の様子を思い出しながら、どんな祭りなら国民を集められるか、元気になるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌25「ひゃっかりょうらん」/TAKA

「ひゃっかりょうらん」 ここはたけきのちゅうおうえきというとこ。 どらごんが国をめちゃめちゃにしたので、お花の苗をうえて国をお花でいっぱいにすることになったの。 今日はお花の苗をうえる日。 お花の苗をうえるためにたくさんの人が駅にいるねー。 みんなすこっぷやじょうろとかをもっています。 あ、だれかが何か話すみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌24「焼かれた 祖国」/月光ほろほろ

新しいターンの始まりである。 シーズオフに竜によって焼かれた たけきの藩国は復興に向けて動き出していた。 人々はかつての平穏を取り戻そうと懸命に働いているが、状況は決して芳しいとは言えなかった。 そんな中、むさくるしい無精ヒゲの月光ほろほろは顔を真っ赤にして公園のベンチに座っていた。 この男、先日個人ACEが藩国に来てくれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌23/でいだらのっぽ

前回の日誌からしばらく…マイルが減ってる… いろいろあったからね。 なにがあったか… まずはなんといってもクーリンガンだなあ。 たけきのでもゾンビに襲われたり、クローン人口が異常増加したり… こんこさんとひわみさんが邪魔された… 幸い竹上総一郎の活躍でゾンビ被害は軽かったけど… 少し自重して欲しいとは思う。藩王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌22…か?/でいだらのっぽ

現在オフシーズンにつき、アイドレスではすることが少ない… しかし、しかしだ…ガンパレ面白いよ! いけないことだと思いつつ、アイドレス中にもガンパレが頭を離れない… 「あー、なんか暇すぐる…出番少ないもんなあ…」 「あれ?なんかマイルが使わないうちに貯まってる?」 マイルを確認 「33マイル…生活ゲームにいけるじゃないか…しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌101か21  「武繰」/二郎真君

たけきのトンデモ武闘伝 たけきの藩には四季折々の自然はとても美しいと有名な神社があった。 春は桜が、夏は木々と小川のせせらぎが。秋は紅葉のモミジ、冬は雪化粧の本殿が。 そうそう、秋には下界で実った稲穂の海を見ることもできる。 あと、本殿は木と紙でできた家なので冬はかなり寒いです。防寒対策万全にしてないと酷い目に会います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌20 「近況報告」/慈詠

慈詠は倒れていた。 本当に倒れていた。しかもうつ伏せで、顔だけは横を向いて。 高熱にうなされながら、負傷した右腕の痛みで意識を保ちながら思い返していた。 初陣から戻り、たけきの藩国で過ごしたのは、たったの10日。 すぐに宰相府藩国にとんぼ返りをして、会社設立準備を始めた。 何を間違ったか、社長になりそうな雰囲気だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌 19「怪談の真相」/竹戸 初

(何故、こんな事に?)  たけきの藩国、城内の政庁。暑さの厳しい折ながら、雨戸も障子・襖も全て開け放っている事と屋根が高い構造から通風が優れているので、空調なしでも涼しく勤務の出来る書院の中。  休憩時間で雑談に花を咲かせている輪と離れた場所で、竹戸 初は自問自答していた。 「夜の廊下を、音も無くスゥーっと人影が移動したん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌18/TAKA

/*/ 月光ほろほろ 「今日集まってもらったのは、他でもない。ほら、今、ウチの竹上がいないだろう?それで藩王が元気ないんだ」 ひわみ : 「再会するために色々頑張ってますが、ちょっと心配ですね」 月光ほろほろ「だから…七夕にちなんで、織姫のコスプレをしてもらおうと思うんだが、どうだ?」 月光ほろほろ: 「あぁ…たけきのっていうぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌 17?/でいだらのっぽ

…独自アイドレスにハンターしかでてない、これはまずくないか?いや…まずいだろう… 早急に対策をたてねば…うちでハンターに対抗するものといえば… バット ツッコミ …これでどうしろと? いや…考えろ、何かあるはずだ…必ず… 悩…むーん… 思いつかない…とりあえず作りながら考えるべ バットだから白兵っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌16 金と燃料と時間くれ!/二郎真君

二郎「日誌がまた間があいとるわい。メモ帳がわりに使わしてもらおうかのぅ」 /*/ 資金 資源 食料 燃料 生物 81 8 168 72 44 これがたけきの藩T11資産。 1:参加税。 これは毎ターンの生産食料60万t売りでクリア。食料15ぐらい余る。 2:東国人の出費資源。 これは東国人の収入燃料を売る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌15【たけきのニュース0603】/TAKA

○藩王誕生日 本日は藩王誕生日で国民の祝日です。 藩王府はお祭りの開催場所として一般国民の方々にも開放されますので、お祭りを満喫してください。 当日は藩王たけきのこもヤガミと一緒にお祭りに参加します、お気軽に話しかけてください。 ○本日の世界 先日の共和国崩壊を受けて帝国皇帝から藩王たけきのこにFEGを支援せよとの…
トラックバック:0
コメント:100

続きを読むread more

日誌14「嵐 の 前」/月光ほろほろ

月光「志水・モモ、俺たちの靴下が、いわれの無い風評被害を受けている!」 ここは たけきの藩国 某メイド喫茶の屋根の上。 そこには藩国民の モモ 志水高末(摂政) 月光ほろほろが簡易ミーティングを行っていた。 志水「ちょw馬鹿月光、名前はコードネームだろ!俺はマーキュリーだってばよ」 モモ「そうですよ。まったく、私は今だけはナイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌13「夏がく~れば♪」/TAKA

入梅した。 夏が近づいてきた。 気温が上がった。 湿度も上がった。 木々の緑も日々濃くなっていった。 草いきれの匂いも濃くなった。 いつからだろう、あいつらも繁殖し始めたのは・・・ そう、白癬菌。 一般的には水虫菌と呼ばれるやつらが。 どこからともなく浸入し、繁殖を始めたのだ。 たけきの藩国で。 知らず知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌12 急性胃炎/竹戸 初

たけきの藩国の政庁、たけきの城内の一室。  深夜まで及んだ御茶会を終えて自室に戻るや、素早く竹戸 初は強力な胃薬・ワカモトの薬箱に手を伸ばした。 「お、おのれ…」  口には出さず、とある人物への呪詛を溢しながら湯呑みの白湯で苦々しげに薬を飲み干すと、空になった紙の薬箱をグジャリと握り潰し、足許に叩きつける。  ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌11 「たけきの藩国殺人(未遂)事件」/竹戸 初

消えたヤガミ(の靴下)。  撲殺(9/10)された摂政。  血塗れの釘バットと、残されたダイイング・メッセージ「み」の字の謎。  ……薄墨紙の上に記した思いつきを前に、竹戸 初は悩んでいた。脳裏に浮かび上がる空想、それを彩る局面としての文言は存在するのだが、全体として小説にまとめあげる事ができないからだ。  喩え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌10 くらいんくいん!/モモ

ヤガミ2258プロモーションムービー、制作順調!? 5月19日、たけきの撮影所による新作の制作発表が行われた。 新作の内容はヤガミ2258主演によるアクション・ラブロマンスとのこと。 監督のモモ氏は「みんなに夢を与えるような内容にしたい」と語った。 トレイラー http://www27.atwiki.jp/take…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌09 かみんぐあうと/二郎真君

五月十八日 先の戦闘結果が届いたので分析を行う。 /*/ ○たけきの藩戦力考察 今回もたけきの藩、死傷者ゼロ。 これは即ち以下を意味する。 ・たけきの藩部隊は危険を冒さなかった=危険を乗り越える能力を持っていなかった。 そして危険を乗り越える能力とは単純に戦闘能力のみを言うのではない。 ①:戦闘評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌番外編・金さんと遊ぼうの会~バザール~

わかばの二人(ツカと慈詠さん)と先生役のTAKAさん3人で たけきの藩国ACE金 大正さんと遊ぼうの回です。 1時間がとっても短かったです! たけきのこ の発言: こんばんは 24時からの生活ゲームのためお呼びさせていただきました(私は仲介役です 芝村 の発言: はい TAKA@たけきの藩国 の発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記08「日常」/せっしょ

皆、よく7回も真面目に頑張った KYクラッシャーが来ましたよ? その日、志水高末は迷っていた 進むべきか、進まざるべきか (たけいもこ様、お許しください) (摂政(特別職業)を取得した後には、かならずこの世に――) 一人誓いをたて、(酒に酔った勢いで)送信ボタンを押す ポーン【志水高末が、秘宝館へ登録 要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌07「あれ…?梅本さん?」/でいだらのっぽ

…緊急連絡…緊急連絡 本日未明、チャットにて、梅本さんが、褌グリーンとして確認された。 新たに、5人目の褌着用者として登録を求む! 警戒レベルは現状維持を続け、情報収集に努めよ! PS.現在、新たなネタ用SSを考案中、ヤガミの要点「たけきの藩国」を詰め込んで、なんとかあのSS群を使えるものにしたい(内緒のSSも考えてたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌06『不安、もしくは希望』/慈詠

とりあえず書いてみます。 /*/ ある友は、火の国の宝剣が遣わせた、と言った。 またある友は、夜明けの舞を、と言った。 私が何者なのか、まだ分からない。 この空の下で上で、仲間達が人々を守って戦うだろう。 私も仲間の為なら、人々を守って戦える気がする。 また、みんなの肩を叩いて笑うんだ。 バカみたいに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日誌05「あの人がまさか!」/TAKA

速報(敬称略) 判明!国民ナンバー2600772:慈詠は褌属性、ソックスネーム:ソックスコハゼと判明した。 本日未明、チャットにて慈詠が実は褌着用を証言した。 ただし、あくまでも下着としてであって、着衣は普通にする模様。 褌着用者はたけきのでは摂政(褌レベル10)、月光ほろほろ(褌レベル9)、モモ(褌レベル9)、に続いて4人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more